一棟売りマンションで不動産投資|素敵なオーナー業を始めよう

女性

高利回りが期待できる

内観

管理を自ら行いやすい

一棟売りマンションは不動産投資の投資先の中でも購入費用が高額になってしまわざるを得ないために多くの個人投資家にとっては参入障壁の高い存在です。しかし、資金力さえあれば、空室のリスクを分散でき、管理も一つのマンションだけを集中して行えば良いという効率の良さから複数のマンションで部屋を所有する場合と比べて割安に管理することができます。こうした事情によって一棟売りマンションへの投資は不動産投資の中でも高利回りが期待できる手法なのです。更に、一棟売りマンションであればマンションの管理を全て管理会社に委託するのではなく、オーナー自らの手である程度の管理を行うことも、管理する場所が物理的に1箇所だけとなる分、投資・管理する物件が複数の建物に跨る場合よりもハードルは低くなります。オーナーが自らの手で管理をすれば、その分管理費が節約でき、より高い利回りの実現が可能になるのです。このような利回りを良くする手段を講じやすいという点も一棟売りマンションのメリットの一つなのです。

売却が困難

一方で一棟売りマンションへの投資を行う際の留意事項として、売却が困難であるという点が挙げられます。不動産投資の対象物件はどのような物件でも原則的にどこかの時期以降収益力を失っていきます。これは日本の不動産市場が、売買物件か賃貸物件かを問わず、新築を筆頭に築年数が新しいほど需要が多くなるという明確な傾向を有していることに基づく特徴です。そのため築年数が古くなればそれだけ買い手が見つかり難くなる訳ですが、中でも一棟売りマンションの場合は、購入する可能性のある人は自分の居住用の物件を探す人ではなく、投資用物件の購入を目指す不動産投資家などの一部の層に限られてしまいます。その結果、1部屋あたりの売却額に換算すれば同時期、同エリアの分譲マンションの中の1部屋を区分所有者が売る場合の坪単価と比べれば割安になってしまう傾向があります。そのため、一棟売りマンションへの投資をする際は、相場並みの坪単価で売却することは難しいという点に注意して売却計画や収支計画を立案することが大切なのです。