一棟売りマンションで不動産投資|素敵なオーナー業を始めよう

女性

2種類のマンション経営術

お金

空室リスクの小さい経営法

不動産投資には一棟売りマンションと区分マンションがあります。一棟売りマンションというのは名前のとおり一棟丸ごとマンションを購入して賃貸に貸し出す方法です。区分マンションというのはワンルームなどを一室購入して、賃貸として貸し出す方法です。区分マンションはサラリーマンなどの投資に向いています。マンションの一室購入なので、ローンの支払いも少なくて済みます。ただし空室になると全く収入が途絶える恐れがあります。その点、一棟売りマンションなら多少の空室が出ても他の家賃収入で充分にカバーできるので失敗のリスクが小さくなります。今後の動向としては少子化がますます進むとマンションなどの空室が目立ち始めるので、一棟売りマンションでも中古をターゲットにして投資を行う傾向が強まります。

リサーチと管理の委託

一棟売りマンションでも区分マンションでも気をつけるべきことは、事前のリサーチをしっかり行うということです。いくら物件が良くても入居者が見込める環境でないと、空室率が高くなってしまう恐れがあるのです。事前のリサーチで周辺に大学や企業など入居者が見込めるような施設があれば、半ば成功したといえます。また集客力のある商業施設があることも大事なことです。きちんとしたリサーチをしないで、大丈夫だろうという思い込みで見切り発車はしないことです。一棟売りマンションの場合は部屋数が多いので管理業務が大変になります。費用がかかりますが、管理会社に委託した方がマンション経営は楽になります。管理会社の選び方には注意が必要で、業務実績のたくさんある会社を選ぶことが大切です。